HOME > 理念と特徴

大会の理念

未来を担う全国の少年少女のために…

  1. 全国どこからでも、どんなチームでも
  2. 勝っても負けても最終日まで
  3. 世界に目を
  4. 友情の輪を

大会の特徴

(1)小学生年代の選手育成に対する取組み

  1. 男子は5日間8ゲーム、女子は3日間5ゲームの交流試合(技術、体力、精神面での成長の場)
  2. チームでの合宿を通じて、共同生活の体験や社会での約束ごとを勉強できる場
  3. 健康面での配慮:飲水タイム、自由な交代等
  4. エキシビションゲーム(第17回大会)として8人制ゲームの実施

(2)「フェアプレー」精神の奨励

  1. フェアプレー旗の掲揚と、ゲーム前後の、選手同士の握手の奨励
  2. フェアプレー賞の贈呈

(3) 世界のチーム、選手との交流

  1. 海外チームの大会参加(従来例:韓国、ロシア、中国、台湾、等)
  2. 優勝チームの報奨(観戦、遠征等)

(4)Jリーグ観戦とプロ選手との交流

  1. 大会期間中、格安にてJリーグ観戦可能(日本平スタジアムでの清水エスパルス戦)
  2. Jリーグ選手による会場訪問もしくはJリーグ選手との交流イベント開催

(5)指導者研鑽の場

  1. 大会参加チーム指導者を対象とした公認少年少女指導者講習会の開催

(6)審判員養成の場

  1. 大会前、審判として参加する全高校生への4級審判講習会の実施と4級ライセンスの取得
  2. 大会期間中に、サッカー協会審判委員会による高校生審判員に対する現地指導

(7)地域スポーツボランティアによる大会運営

(地域スポーツクラブ作り活動の一環)

  1. 地域ごとのミニカップ開催
    • 学区をベースとしたスポーツ少年団、育成会(父母)、地域のサッカーマン(社会人、シニア選手、指導者、等)の有志が一体となった会場運営
    • 学校、自治会、地区体育会、地元企業等の協力と支援
  2. 地元少年団出身中学生の会場記録員としての運営参加(ボランティア体験)
  3. 市内高校生による審判員としての運営参加(審判員の育成、ボランティア体験)